本文へスキップ

「富山で相続」で相続の悩みを解決!相談は何度でも無料

電話は0120-987-501

次代に確実に受け継ぐために、今相談を!

司法書士からのご挨拶

司法書士渡辺純一 日本財産管理協会 認定会員
司法書士 渡辺 純一
司法書士の挨拶

「富山で相続」は、富山市南部(旧大沢野町)の司法書士事務所・司法書士とやま市民事務所が運営する、相続に関する情報を提供するホームページです。

富山県において、相続に関しての相談を行なう窓口が少ないのではないかと考えたことから、作成いたしました。

相続の発生なさる前のお客様が相続に関して抱いておられる疑問から
相続が発生なさった後のお客様がスムーズに相続に関する手続きが行なえるようにお手伝いさせていただければと考えております。

相談は無料です。
ぜひ一度ご相談ください。

司法書士渡辺純一の挨拶司法書士渡辺純一

依頼して簡単に手続きが完了

【相続登記の流れの概略図】

相続登記の流れ

詳しい相続登記の流れはこちら詳しい相続登記の流れはこちら

Q.相続登記は必ずしなければならないの?

A.相続登記をするかしないかは、相続人の自由であるため、相続が開始しても相続登記をしない方もいらっしゃいます。
その理由としては、お金がかかることや面倒であるといった意見を聞くことがあります。
ただし、相続から時間が経つにつれて、相続関係が複雑になり労力や費用の負担も多くなってしまいます。
そのため、当事務所では相続が発生する都度に相続登記を行なうことをお勧めしております。

Q.めぼしい財産は無いのですが、遺言を書かなくてはならないの?

A.遺言がない場合には、相続人の間での話し合いによって遺産を配分することになります。
資産家ではないので、遺言を書く必要はないと考えられる方もいらっしゃいますが、現金のようなすぐに分けられるものではなく、自宅の不動産だけが相続財産の場合には、相続財産の分配の際にもめるケースもございます。
実際、2000万円位の遺産を残していったケースが一番もめるといった印象もありますので、自分が亡くなった後、相続人の間で争いが生じないように、遺言を作成しておかれることを、お勧めしております。

遺言作成の詳しい情報はこちら遺言作成の詳しい情報はこちら

Q.知り合いの行政書士が司法書士には遺産分割協議書の作成はできないと言われたのですが

A.司法書士は法務局に提出する書類を作成する権限がありますので、安心してご依頼ください。
さらには、司法書士は法令(司法書士法第29条、同施行規則第31条)により、他人の事業の経営、他人の財産の管理若しくは処分を行う業務をすることができるとされています。
他人の事業の経営や他人の財産の管理若しくは処分を行う業務をすることができる旨、法令で規定されている職業は、司法書士の他は弁護士のみです。

当事務所の代表司法書士は一般社団法人 日本財産管理協会の認定会員司法書士です。
相続が発生する前も、相続が発生した後も財産の管理のお手伝いはお任せ下さい。

一般社団法人 日本財産管理協会のホームページへ(外部リンク)


【相続に関するご相談の一例】


バナースペース

相談無料

メールフォームへ



とやま市民事務所のサイトへ

富山で相続

〒939-2251
富山県富山市下大久保1512番地
(司法書士とやま市民事務所内)

TEL 076-467-5525
→アクセス

事務所の周辺地図

※富山インターチェンジから
 飛騨高山方面へ車で9分

※駐車場完備

代表のブログへ

スマホ用はこちらへ

スマートフォン版