本文へスキップ

「富山で相続」で相続放棄の悩みを解決!相談は何度でも無料

電話0120-987-501

相続について >> 単純承認って何?

単純承認って何?

人が死ぬと相続が発生します。亡くなられた方を被相続人と呼び、相続する方を相続人と呼びます。

相続人は相続するかしないかを、3ヶ月という熟慮期間中に決定しなければなりません。

何もしないまま3ヶ月が経過すると、単純承認したとみなされます。

単純承認は意思表示により成り立つ意思表示説と事実によって当然生じる法定単純承認があります。

法定単純承認とは…

@相続財産を処分すること

A被相続人が亡くなられてから3ヶ月が経ってしまった。

B限定承認又は相続放棄をしたあと相続財産を隠したり処分したりした場合

これらが当てはまる場合単純承認の効果が当然生じてくることになります。

相続放棄は申述書を家庭裁判所に提出して審理の上、受理される必要がありますが、その審理の争点が相続財産の全部又は一部を処分したかどうかということです。

また被相続人に多額の債務がある場合には相続放棄が必要なので財産の処分には注意が必要です。

民法第921条:次に掲げる場合には、相続人は単純承認したものとみなす。

1項:相続人が相続財産の全部又は一部を処分したとき。

2項:相続人が期間内に限定承認又は相続の放棄をしなかったとき。

3項:相続人が、限定承認又は相続の放棄をしたあとであっても、相続財産の全部若しくは一部を隠匿し、私にこれを消費し、又は悪意でこれを相続財産の目録中に記載しなかったとき。

バナースペース

相談無料

メールフォームへ



とやま市民事務所のサイトへ

富山で相続

〒939-2251
富山県富山市下大久保1512番地
(司法書士とやま市民事務所内)

TEL 076-467-5525
→アクセス

事務所の周辺地図

※富山インターチェンジから
 飛騨高山方面へ車で9分

※駐車場完備

代表のブログへ

スマホ用はこちらへ