本文へスキップ

相続放棄は富山家庭裁判所に申述書を提出し悩みを解決!相談は何度でも無料

電話0120-987-501

相続について >> 相続放棄って何?

相続放棄って何?HOUKI

人(被相続人)が死ぬと発生するもの〜それが相続財産です。

これを受け取るか受け取らないか、相続人の方は選択する必要がでてきます。

受け取る場合………単純承認、限定承認

受け取らない場合…相続放棄

例えば、亡くなった親に多額の借金があった場合、受け取りたくないので、相続放棄を選択することになります。
相続放棄の場合、プラスの財産もマイナスの財産も全て相続しない……つまりはじめから亡くなった親と無関係であったということになります。ただし、これは財産の上だけのことで、本当に親子の縁が切れるということではありません。

相続放棄の手順はおおまかに言うと、家庭裁判所に申述書を提出し、受理されることが必要です。

相続放棄に必要な書類は以下の通りです。

@亡くなられた方の戸籍謄本

A亡くなられた方の住民票の除票又は戸籍の附票

B相続放棄される方の戸籍謄本

C相続放棄申述書

D収入印紙800円分

E返信用の郵便切手

当事務所にご依頼いただければ、これらのものをすべてお取り寄せいたします。面倒な手続きは一切不要です。

*亡くながられた方との関係を明らかにするため、これに加えて書類が必要な場合もあります。

亡くなられた方が借金を残していた場合、その債務も相続の対象になります。

債務を相続したくない場合には相続放棄をすることを考慮なさってください。

相続放棄の特徴 (A~C)

A:裁判所に相続放棄の申述を行なう。

遺産分割協議の場面でも便宜、「相続財産を放棄する」といった表現を使うことがありますが、債務を相続したくない場合には、家庭裁判所に申し立てる必要があります。

B:基本的に相続開始後3ヶ月以内に行なう必要がある。

自分が相続人だと知ってから、3ヶ月を経過すると、単純承認をしたものとみなされます。ただし、3ヶ月経過後に借金が見つかったなどの理由がある場合には、相続放棄できることもありますので、3ヶ月経過していても、あきらめない事が大切です。

【相続開始から3ヶ月経過後の相続放棄】

C:債務のみの相続放棄はできないので、預貯金等の財産も放棄しなければならない。

条文では「相続の放棄をした者は、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったものとみなす」となっていますので、相続人ではないのであれば、プラスの財産(預貯金・不動産)も、マイナスの財産(借金など)も相続できない(する必要がない)ことになります。

当事務所では相続放棄に関する書類の作成を行なっております。

加えて、相続放棄を行なう前に、その債務が本当に借金なのかを調べてから相続放棄を行なう手続きに入ります。

残念ながら家庭裁判所に直接行って、相続放棄の手続きを行なった場合、裁判所の職員はその債務が本当に債務なのか、過払いではないのかといった情報は教えてくれない場合があります。
少しでも気にかかるお客様は一度ご相談いただけますと助けになるかもしれません。

もちろん、相談は無料です。

相続放棄サイトへ

バナースペース

相談無料

メールフォームへ



とやま市民事務所のサイトへ

富山で相続

〒939-2251
富山県富山市下大久保1512番地
(司法書士とやま市民事務所内)

TEL 076-467-5525
→アクセス

事務所の周辺地図

※富山インターチェンジから
 飛騨高山方面へ車で9分

※駐車場完備

代表のブログへ

スマホ用はこちらへ

DD