本文へスキップ

「富山で相続」で相続放棄の悩みを解決!相談は何度でも無料

電話0120-987-501

相続について >> 相続放棄

相続放棄HOUKI

相続することになった場合、預貯金・不動産だけでなく、借金なども相続の対象となります。

預貯金や不動産は嬉しいですが、借金はだれも相続したくありませんよね。

そこで相続放棄という手続きが効力を発揮してくれるというわけです。家庭裁判所に相続放棄が受理されれば、はじめから相続人とならなかったものとみなされます。

つまり…借金も、預貯金・不動産も一切相続しないという事にになります。

ただし、一部でも相続財産を引き継いだり、使ってしまったりすると、原則として相続放棄はできなくなってしまいます。
亡くなられた方に借金があっても、慌てずに一度専門家に相談される事をおすすめいたします。

未成年者が相続人の場合は少し複雑ですので、下記のページを参考になさってください。

未成年者の相続放棄

相続放棄に必要な書類はこちらをご覧ください

亡くなった親に借金があった場合

亡くなられた方が借金を残していた場合、その債務も相続の対象になります。

債務を相続したくない場合には相続放棄をすることを考慮なさってください。

相続放棄の特徴 (A~C)

A:裁判所に相続放棄の申述を行なう。

遺産分割協議の場面でも便宜、「相続財産を放棄する」といった表現を使うことがありますが、債務を相続したくない場合には、家庭裁判所に申し立てる必要があります。

B:基本的に相続開始後3ヶ月以内に行なう必要がある。

自分が相続人だと知ってから、3ヶ月を経過すると、単純承認をしたものとみなされます。ただし、3ヶ月経過後に借金が見つかったなどの理由がある場合には、相続放棄できることもありますので、3ヶ月経過していても、あきらめない事が大切です。

【相続開始から3ヶ月経過後の相続放棄】

C:債務のみの相続放棄はできないので、預貯金等の財産も放棄しなければならない。

条文では「相続の放棄をした者は、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったものとみなす」となっていますので、相続人ではないのであれば、プラスの財産(預貯金・不動産)も、マイナスの財産(借金など)も相続できない(する必要がない)ことになります。

当事務所では相続放棄に関する書類の作成を行なっております。

加えて、相続放棄を行なう前に、その債務が本当に借金なのかを調べてから相続放棄を行なう手続きに入ります。

残念ながら家庭裁判所に直接行って、相続放棄の手続きを行なった場合、裁判所の職員はその債務が本当に債務なのか、過払いではないのかといった情報は教えてくれない場合があります。
少しでも気にかかるお客様は一度ご相談いただけますと助けになるかもしれません。

もちろん、相談は無料です。

相続放棄に至る具体例(Q&A)

Qラーメン屋を営んでいた母が亡くなった後、500万円の借金があることが判明しました。この借金は子どもの私と弟の二人で返済していかなければならないのでしょうか?

A:相続人(子どもの私・弟)は相続により、資産だけでなく、負債も承継します。  

民法896条「相続人は相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。ただし、被相続人の一身に専属したものはこの限りではない。」

とあるように、原則として、母親に借金があれば、子ども達は相続分に借金を相続して、返済していかなければいけないのですが、相続放棄という手続きをとることによって、借金を払う必要がなくなるわけです。

昔は相続放棄ができなかった 昔は相続放棄できなかった!?

旧民法(明治23年)における相続に関する規定は家の継承を前提としていたので、相続をするか否かについて選択の自由は認められておらず、相続を放棄することはできませんでした。しかし、改正民法(昭和23年)が施行されて、相続は単純に財産の包括的な承継となり、相続放棄が可能となりました。

相続放棄サイトへ

バナースペース

相談無料

メールフォームへ



とやま市民事務所のサイトへ

富山で相続

〒939-2251
富山県富山市下大久保1512番地
(司法書士とやま市民事務所内)

TEL 076-467-5525
→アクセス

事務所の周辺地図

※富山インターチェンジから
 飛騨高山方面へ車で9分

※駐車場完備

代表のブログへ

スマホ用はこちらへ