本文へスキップ

「富山で相続」で相続放棄の悩みを解決!相談は何度でも無料

電話0120-987-501

相続について >> 遺産分割調停・審判

遺産分割調停・審判

遺産分割調停・審判とは

被相続人が亡くなり、その方の財産に関して誰が相続するのかの話し合いがつかない場合や、そもそも話し合いを行なうことができない場合には、家庭裁判所での遺産分割の調停や審判の手続きを利用することができます。
遺産分割調停の手続きでは、調停委員2名が当事者双方の言い分を聞いたり、各当事者裁判所に資料を提出して行ないます。
調停委員が解決案を提示してくれたり、助言をしてくれたりしてくれて、合意を目指しての話し合いとなります。
調停の場合には、あくまでも話し合いですので、相手方が出てこない場合や相続人間で合意にいたらない場合には調停が不成立になります。
調停が不成立になった場合には自動的に審判手続きが開始されて、家庭裁判所の裁判官が、相続人や相続財産などの事情を考慮したうえで遺産分割の審判を行なうことになります。

遺産分割調停・審判の申立人

・共同相続人

・包括受遺者

・相続分譲受人

遺産分割調停・審判の申し立てる裁判所

相手方のうちの一人の住所地の家庭裁判所又は当事者が合意で定める家庭裁判所

実費・手数料

・被相続人1人につき、収入印紙1200円分

・予納郵便切手

必要書類

・相続人全員の戸籍謄本・住民票

・被相続人の出生から死亡までの戸籍(除籍)謄本、改製原戸籍謄本
(及び相続人と被相続人の関係のわかる戸籍等)

・相続関係説明図

・相続財産目録

・不動産登記事項証明書

・相続不動産の固定資産評価証明書

遺産分割調停の実施

調停期日に申立を行なった家庭裁判所に行って調停が実施されます。
基本的には調停の際には相手方と顔を合わせることはなく、申立人・相手方が交互に調停室に入って調停委員に話をすることになります。
待合室も分かれているので、待っている際も相手方と顔を合わせることはありません。
調停が成立した際には、合意事項の確認のために顔を合わせる場合がありますが、当事者が希望しない場合には、別々に確認する場合もあります。

遺産分割の実行

家庭裁判所での遺産分割調停、または遺産分割に関する審判に基づいて遺産分割の方法が決定して、調停調書や審判書が作成されますと、その内容は裁判における判決と同様の効力を有することになります。
ですので、記載されている内容通りに、不動産の登記や預貯金の配分を行なうことになります。

バナースペース

相談無料

メールフォームへ



とやま市民事務所のサイトへ

富山で相続

〒939-2251
富山県富山市下大久保1512番地
(司法書士とやま市民事務所内)

TEL 076-467-5525
→アクセス

事務所の周辺地図

※富山インターチェンジから
 飛騨高山方面へ車で9分

※駐車場完備

代表のブログへ

スマホ用はこちらへ