本文へスキップ

富山で相続放棄によって親の借金を回避!〜未成年〜

電話は0120-987-501

相続について >> 相続放棄 >> 未成年者の相続放棄

未成年者の相続放棄MISEINEN

病死した父親が多額の借金を持っていた……

   未成年の僕はどうしたらいいんだろう……

借金を相続しないために相続放棄借金を相続しないためには、家庭裁判所に相続放棄の申述書を提出し受理される必要があります。相続放棄の効果は大きく、最初から相続人とならなかったことになります。後になって、債権者から借金の請求書がきても、相続放棄していれば、一切支払う義務はありません

@未成年者が相続放棄をする場合

未成年者は行為能力が制限されているため、相続放棄の申述を有効に行なうためには、親(法定相続人)が未成年者に代わって相続放棄する事になります。

しかし、親が子どもを代理して相続放棄するとなると、子どもだけ相続放棄させて、自分の法定相続分を増やすことが可能となります。結果として、子どもの利益を損なうことになりかねない(利益相反行為)ので、子どもの利益を守るために、親とは別の特別代理人の選任を家庭裁判所に申し立てる必要があります。

A未成年者と親が同時に相続放棄する場合

未成年者が親と共に相続放棄をする場合、利益相反にならないので、親(法定代理人)からのご依頼のみで相続放棄することが可能です。

相続放棄に必要な書類についてはこちら

利益相反行為についてのご説明利益相反って何?

利益相反行為とは、ある行為により、一方の利益になると同時に、他方への不利益になる行為です。未成年者の相続放棄の場合、共同相続人の一方が有利になり、他方が不利益を被るという可能性があるゆえに、子供の利益を守るために、特別代理人が不可欠となってきます。

熟慮期間(相続放棄をするかを考える期間)の特則

相続放棄の熟慮期間は、原則的に申述人が自分が相続人となったと知った時から数え始めます。

しかし申述人が未成年者である場合には、その法定代理人が未成年者のために相続の開始があったと知った時から数え始めることになります。

つまり両親が双方亡くなった場合などに選任される未成年後見人の場合には、未成年後見人が家庭裁判所で選任されて、その未成年後見人が未成年者のために相続が開始したことを知った時から、相続放棄の熟慮期間が開始することになります。

バナースペース

相談無料

メールフォームへ



とやま市民事務所のサイトへ

富山で相続

〒939-2251
富山県富山市下大久保1512番地
(司法書士とやま市民事務所内)

TEL 076-467-5525
→アクセス

事務所の周辺地図

※富山インターチェンジから
 飛騨高山方面へ車で9分

※駐車場完備

代表のブログへ

スマホ用はこちらへ