本文へスキップ

「富山で相続」で遺産相続の悩みを解決!相談は何度でも無料

電話番号はフリーダイヤルで0120-987-501

相続について >> 相続登記 >> 寄与分とは

寄与分とは

相続人の中で、亡くなられた方(被相続人)の事業を手伝ったり、療養看護をした結果、被相続人の財産を維持したり、増加させたりする点で特別の寄与をした方の事を言います。

寄与分を主張できる人の範囲

寄与分を主張できる人は「共同相続人」に限られます。

すなわち、共同相続人ではない、「長男のお嫁さん」や「内縁の妻」には、療養看護や介護を尽くしても、寄与分は認められません。

寄与の態様

条文上は「事業に関する労務の提供または財産上の給付、被相続人の療養看護その他の方法」と記載されています。

ただし、配偶者の場合には相互に「協力扶助義務」があるため元々の相続分が多く定められています。
そのため、通常の配偶者に対する療養看護では寄与分は主張することができません。

寄与の時期

寄与をした時期としては相続開始前にしたものでなければ、寄与分の主張をすることはできません。


バナースペース

相談無料

メールフォームへ



とやま市民事務所のサイトへ

富山で相続

〒939-2251
富山県富山市下大久保1512番地
(司法書士とやま市民事務所内)

TEL 076-467-5525
→アクセス

事務所の周辺地図

※富山インターチェンジから
 飛騨高山方面へ車で9分

※駐車場完備

代表のブログへ

スマホ用はこちらへ