本文へスキップ

「富山で相続」で遺産相続の悩みを解決!相談は何度でも無料

電話番号はフリーダイヤルで0120-987-501

相続について >> 相続登記 >> 遺留分

遺留分相続人に認められる権利

父の遺言があったのですが、相続分が無くなってしまいそう…

Q この間、父が亡くなったのですが、最近になって遺言が発見されました。
あまり、父との仲は良くなかったのですが、父の遺言には「全財産を愛人と愛人との子供に相続させる」といった内容が書かれていて、ショックを受けています。
子供である、私には少しも相続する権利がないのでしょうか?

A 配偶者・子供・直系尊属(親など)には遺留分がありますので、遺言の内容に関わりなく一定の割合の遺産を受け取る権利があります。

解説 遺留分とは

遺留分とは遺言によっても侵害することができない一定の割合の財産のことで、遺留分を超える(侵害する)遺言や遺贈があった時には、配偶者や子供などは侵害する範囲内で遺留分減殺請求を行なうことができます。

ちなみに、兄弟姉妹のみが相続人の場合には(代襲相続を含む)遺留分はありませんので、遺言者としては、全ての財産を好きなように分けることができます。

遺留分の割合

相続人が直系尊属(親や祖父母)だけの場合には遺産の3分の1、それ以外(相続人に配偶者や子供が入っている場合)には遺産の2分の1となります。

参考 民法1028条
兄弟姉妹以外の相続人は、遺留分として、次の各号に揚げる区分に応じてそれぞれ当該各号に定める割合に相当する額を受ける。
1項 直系尊属のみが相続人である場合 被相続人の財産の三分の一
2項 前号に揚げる場合以外の場合 被相続人の財産の二分の一

※遺留分の行使方法はこちら


バナースペース

相談無料

メールフォームへ



とやま市民事務所のサイトへ

富山で相続

〒939-2251
富山県富山市下大久保1512番地
(司法書士とやま市民事務所内)

TEL 076-467-5525
→アクセス

事務所の周辺地図

※富山インターチェンジから
 飛騨高山方面へ車で9分

※駐車場完備

代表のブログへ

スマホ用はこちらへ